クレアチニン(血液)の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

MENU
外来診療
画像診断センター
MENU

クレアチニン (血液)

基準値

基準値 男性:0.61~1.04mg/dL以下
女性:0.47~0.79mg/dL以下

クレアチニン(Cr)はクレアチンリン酸という筋肉が運動するための重要なエネルギー源 物質が代謝されたあとにできる老廃物です。クレアチニンは腎臓でろ過されて尿として排出されるため、血中のクレアチニンの濃度が 上昇していることは腎臓の機能が低下していることを意味します。
一方、クレアチニンが腎臓のはたらき以外で高くなる場合もあります。 クレアチニンの数値は筋肉量に比例します。運動・筋力トレーニングや高たんぱく食の摂取によって筋肉量が過剰に多い場合には、クレアチニンの数値も高くなります。 反対に、過剰に痩せていて筋肉量が少なくなっている場合には、クレアチニンの数値が低くなります。
一般的に、男性は女性よりも筋肉量が多いので、男性は女性よりもクレアチニンの数値が高くなることがあります。
また、高齢者よりも若い方では筋肉量が多いので、クレアチニンの 数値は高くなる傾向があります。腎臓のはたらきが著しく悪くなると、筋肉量や栄養状態に影響を受けやすくなるため、症状や尿の状態などから、総合的な評価が必要となります。

この検査で疑われる病気

  • 高値:糸球体腎炎、腎機能障害
  • 低値:筋ジストロフィー 等

筋肉に含まれるたんぱく質の一種で、筋肉を動かすエネルギーとして使用された後、尿と共に老廃物として排出されます。
腎臓が正常に働いていればほとんどが尿中に排泄されるため、腎臓のはたらきの指標とされています。
腎臓の機能が低下して、老廃物を尿の中に排出する量が減ってくると、数値が高くなります。
クレアチニンが高値を示す場合、腎臓に何らかの異常が起きていることが考えられます。
急性腎臓病・慢性腎臓病・心不全などが疑われます。(心不全が起きると、腎臓に血液が流れにくくなって、老廃物が排泄できなくなってしまいます)

クレアチニン(Cr)はクレアチンリン酸という筋肉が運動するための重要なエネルギー源 物質が代謝されたあとにできる老廃物です。クレアチニンは腎臓でろ過されて尿として排出されるため、血中のクレアチニンの濃度が 上昇していることは腎臓の機能が低下していることを意味します。
一方、クレアチニンが腎臓のはたらき以外で高くなる場合もあります。 クレアチニンの数値は筋肉量に比例します。運動・筋力トレーニングや高たんぱく食の摂取によって筋肉量が過剰に多い場合には、クレアチニンの数値も高くなります。 反対に、過剰に痩せていて筋肉量が少なくなっている場合には、クレアチニンの数値が低くなります。
一般的に、男性は女性よりも筋肉量が多いので、男性は女性よりもクレアチニンの数値が高 くなることがあります。
また、高齢者よりも若い方では筋肉量が多いので、クレアチニンの 数値は高くなる傾向があります。腎臓のはたらきが著しく悪くなると、筋肉量や栄養状態に影響を受けやすくなるため、症状や尿の状態などから、総合的な評価が必要となります。

クレアチニンの検査は腎臓の機能を調べる上でポピュラーな検査ですが、数値は筋肉の量 に左右されるため男女差が大きく、また腎臓の機能が半分程度まで低下しないと高い値を 示さないという欠点があります。そのため、近年ではより精度の高い検査である推算糸球体濾過量(eGFR)の検査を追加して行うことが多くなってきました。

腎臓という臓器は、障害を受けても重症になるまで症状は出ません。
そのため多くの場合は、採血や尿検査で腎臓に異常があることがわかります。
症状がないため、放置されることが非常に多く、症状が出た時には時すでに遅しになっていることが多々あります。
精密検査判定の場合は、なるべく早く医療機関を受診してください。

腎臓の機能

腎臓の最も重要な働きは老廃物を除去して尿を作ることです。この記事で取扱うクレアチ ニンもこのような老廃物の一つです。腎臓はこうした有害な物質を糸球体という部分でろ過し、細尿管という部分でそのろ過液の99%を再吸収し、残りを尿として体外に排出する機能を持っています。 それ以外にも腎臓には老廃物をろ過して尿を作ること以外にも以下のような機能があります。

  • 余計な水分を尿として排出することで、体内の水分量を一定に保つ。
  • ナトリウムやカリウムなどのミネラルや化合物のバランスを保つ。
  • 体内の塩分を調整し、血圧を一定にする。
  • 赤血球の製造や骨の維持にも役目がある。
このように、重要性はあまり知られていないものの腎臓は大切な器官であり、機能が失われることは身体に大きな損失をもたらします。

クレアチニンが高くなる原因は、大まかに3パターンあります。
1. 生活習慣病が原因
2. 免疫や遺伝の病気が原因
3. 筋肉量などが原因で腎臓に異常はない
診察ではこの 3 パターンの中でどれに当てはまるかを調べるために、検査を行っていきます。
腎臓という臓器は、障害を受けても重症になるまで症状は出ません。 そのため多くの場合は、採血や尿検査で腎臓に異常があることがわかります。 症状がないため、放置されることが非常に多く、症状が出た時には手遅れになっていること もあります。 1度悪くなった腎臓は回復しない場合が多いので早く見つけることが重要です。 クレアチニンが高くても腎臓に異常のない場合もありますが、一度は医療機関を受診して 確認しましょう。

クレアチニンが高い(腎機能低下)場合の対処法

クレアチニン値が高い場合、まずは医師に相談することをおすすめします。
以下は、一般的なクレアチニン値が高い場合の治療法の一例です。

1.原因の治療
クレアチニン値が高い原因が特定できれば、その原因を治療することが必要です。 たとえば、高血圧や糖尿病などの疾患が原因である場合は、その疾患を治療することで腎機 能が改善される場合があります。

2.腎臓の保護
クレアチニン値が高い場合、余分なクレアチニンや尿素窒素が体内に蓄積されることがあ ります。 腎臓を保護するために、食事に注意し、塩分やたんぱく質の制限が必要な場合があります。 ただし、食事によっては腎臓に負担をかけることがあるため、医師から指示を受けることが 望ましいです。 また、適度な運動や禁煙など、健康的な生活習慣を維持することが、腎臓の機能を改善する ために重要です。 健康的な食事や適度な運動、喫煙や飲酒を控えることで、腎臓の機能を改善することができ る場合があります。

3.薬物療法
クレアチニン値が高い場合、薬物療法が必要な場合があります。腎臓の機能を改善するため の薬や、腎臓に負担をかけないようにするための薬があります。 腎臓の機能低下によって、薬の代謝が遅くなることがあります。そのため、医師に相談して、 薬の使用量や使用頻度を適切に調整することが必要です。

4.透析
クレアチニン値が高く、腎臓の機能が重度に損なわれている場合は、透析が必要になる場合 があります。透析は、人工的に血液を浄化することで、腎臓の代替となる処置です。
以上のような方法で、高いクレアチニン値を改善することができますが、最も適切な治療法 は、クレアチニン値が高い原因や患者の状態によって異なるため、医師に相談することが重 要です。


人間ドックキャンペーン情報
精密検査、診療についてはこちら
検査結果・結果説明・精密検査についてはこちらをご覧ください。
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

03-5980-0850

インターネットからのご予約

ご予約はこちら

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

03-5980-0850

受付時間
(平日)9:00 - 17:45
(土日)9:00 - 16:45

診療についてClinic

ページトップへもどる