血清アミラーゼ(血液)の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

MENU
外来診療
画像診断センター
MENU

血清アミラーゼ(血液)

基準値

基準値

40~122U/L

この検査で疑われる病気

  • 高値:急性・慢性膵炎、腎不全、睡液腺の疾患、膵臓がん
  • 低値:進行した慢性膵炎 等

膵臓や睡液腺から分泌される糖類を分解する消化酵素です。おもに膵臓に異常があると値が上昇しますが、飲酒や肥満、睡液腺の炎症などでも値が変動します。

膵がんで最もよく見られる検査値の異常として、膵臓がんが胆汁の流れを悪くする(閉塞性黄疸)ことによって起こる「肝機能異常」および「胆道系酵素の異常」と、膵臓がんが炎症を引き起こすために起こる血中「アミラーゼ値の上昇」がありますが、膵がんで必ずしも、アミラーゼが上昇するわけではありません。

また、「糖尿病の発症」や糖尿病患者さんにおける「血糖コントロールの悪化」は、膵臓がんを示唆する所見であり、注意が必要です。膵がんは50~70歳、特に高齢の男性に多いがんです。 膵臓には強力な消化酵素(アミラーゼ、トリプシン、リパーゼなど)を分泌する外分泌腺と、ホルモン(インスリンなど)を分泌する内分泌腺があります。がんはこれらの膵臓細胞から発生する可能性があります。 膵がんが心配な方は、当院で膵臓がんドックも行っていますのでご検討ください。

精密検査、診療についてはこちら
検査結果・結果説明・精密検査についてはこちらをご覧ください。
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

03-5980-0850

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

03-5980-0850

受付時間
(平日)9:00 - 17:45
(土日)9:00 - 16:45

診療についてClinic

ページトップへもどる