総ビリルビン(T-Bil)(血液)の検査結果について。健診会 東京メディカルクリニック

MENU
外来診療
画像診断センター
MENU

総ビリルビン(T-Bil)(血液)

基準値

基準値

0.2~1.2mg/dL

この検査で疑われる病気

  • 高値:肝炎、閉塞性黄疸、胆石症 等

赤血球中に含まれるヘモグロビンの分解産物で、胆汁に排出される色素です。間接ビリルビンと直接ビリルビンがあり、合わせて総ビリルビンと呼びます。肝臓や胆のう・胆道に異常があると、ビリルビンが血液中に増え、黄疸が現れます。

ビリルビンについて

ビリルビンは寿命を終えた赤血球が分解される際に生じる色素です。ビリルビンは肝臓に運ばれ、胆汁の中に流れ込んで体外へ排出されます。
通常、血液中にビリルビンはほとんど存在しませんが、胆汁の通り道である胆道の流れが悪くなるとビリルビンが溜まり、血液中に放出されるようになります。

生まれつきビリルビン値が高くなる方もいますが、胆道の流れが悪くなったときばかりでなく肝硬変や肝臓がんなど肝臓や胆道の機能に大きなダメージを与える病気が進行すると血液中のビリルビン濃度が上昇していくのが特徴です。
つまり、総ビリルビン値が上昇している方は特に注意が必要と考えましょう。

肝臓が悪いと出る症状の有名なものに、黄疸があります。黄疸は、ビリルビンの値が高くなり、皮膚や眼の白目の部分が黄色くなった状態のことです。黄疸、すなわち、ビリルビンの上昇は、肝機能低下と胆汁うっ滞によって生じます。ビリルビンが高いときに、ALPとγ-GTP の値を確認することでこの2つを見分けることができます。

ビリルビンの上昇に伴い、ALPとγ-GTPの値が高くなっていれば、胆汁うっ滞が黄疸の原因であると考えられ、ALPと γ-GTPの上昇が伴っていなければ、肝機能低下が黄疸の原因であると考えられます。
さらにいうと、胆汁うっ滞が原因の黄疸では、ビリルビンの中でも直接ビリルビンの値が、肝機能低下が原因の黄疸では、間接ビリルビンの値が優位に高くなります。

精密検査、診療についてはこちら
検査結果・結果説明・精密検査についてはこちらをご覧ください。
お気軽にご予約・お問い合わせください

お電話からのご予約

03-5980-0850

FAX:03-5980-3439

キャンペーン情報

メディア掲載情報

人間ドック・健診についてMedical Checkup

人間ドック・健診のご予約はこちら

予約お問い合わせ

03-5980-0850

受付時間
(平日)9:00 - 17:45
(土日)9:00 - 16:45

診療についてClinic

ページトップへもどる